山崎みやこが飲み物を、そして対談相手がおつまみを用意して、気になるあれこれ、どうでもいいあれこれを話す、雑談のような対談。ちょいと、一杯いかがですか。どうぞお楽しみください。

山崎
今日は私の自宅にて、ちょいと一杯やってみようと思います。
よろしくお願いします。
大口
よろしくお願いいたします!
山崎
ではさっそくお酒を。わたしは食中に合う、長野の美味しい日本酒を用意しました。
「瀧澤」です。
大口
わたくしは、旅土産のアタリメと自分が凝っているものを作ってきました!
山崎
わぁ、すごいーーー!
大口
ちょっと、私たちには辛いかも。
麻婆豆腐とモヤシナムル。
山崎
えー、これ、さよちゃん作ったの?すごい!
大口
あと、近所の美味しいコロッケとハムかつ。
山崎
やったー。
大口
このお酒、食中にいいんだ?
山崎
そうそう。お食事に合うよ。長野の日本酒って意外と飲まないでしょ?
大口
そうかも。
山崎
最初は常温で飲んで、後からこの熱燗マシーンでやろうかな、と。
大口
ね、これね、気になってたの。
山崎
いいのよ、これ。
レンジであっためるより全然いい。
大口
どうやったら、こんなに部屋きれいになるの。
山崎
どうやったら、ぐちゃぐちゃになるのかわかんない。
大口
床にモノは置かないんだね、やっぱり。
山崎
床に置いたらおしまいよ。
ではでは、日本酒いきますか。
大口
わぁ、だいぶ黄色いね。
二人
乾杯!いただきます!
山崎
うーん、黄色いのにすっきり。
大口
こりゃ、美味しいですなぁ。
山崎
さよちゃん麻婆、美味しい!
なんか、エスニックな味がする。
大口
クミンを入れたのです。
山崎
ほぉ、クミンでこういう味に成るんだ。やるね。
大口
こりゃ、飲んじゃうね。
山崎
コロッケ、食べてもいい?がっついて、ごめん。
お腹空いてて。これは近所の?
大口
とらや。
山崎
美味しい〜。お肉屋さんのコロッケみたい。
大口
お肉屋さんのコロッケです。
山崎
今回、色々な方と対談している中で、一番長い知り合いは佐々木さんなんだけど。
その次に長いのがさよちゃん。
お店を始める直前くらいに、私がジューススタンドみたいなところに通ってて。
ノニジュースを飲みに行ってたの。さよちゃんも通ってたんだっけ?
大口
ううん、そこのお店のパートのおばさんと飲み友達だったの。
ほんとはあそこは青汁スタンドだったんだけど、特別にノニジュースがあったんだよね。
山崎
ノニっていうのはね、読んでいる人がわからないとあれだから解説すると・・・あれ、なんだっけ?
なんかすごい高級なんだよね。
大口
そうそう、青汁は一杯200〜300円なんだけど、ノニジュースは500円くらいするの。
山崎
しかもほんとにちょっとだよね。おちょこ一杯くらいの。
私がたまたま飲んでみたら、身体がぐわーーって熱くなって、これすごいぞってなって、
たま〜に飲みに行ってたの。
大口
なんかの木の皮?
山崎
南国のものだったっけ?
取りづらいとか、、
とにかく貴重なんだよね。
ってことは、私がノニのおばさんにお店やってるって言ったのかな。
大口
えっ、そこ曖昧なの?
山崎
全然覚えてない。
大口
ネクストのパンフレットみたいなのがあって、
そのおばさんは私のことをサニーって呼ぶんだけど、
「サニー、ノニ飲みに来る子で、今にも倒れそうな女の子がいてさ、"今度お店やるんですけど"ってこれ持ってきてさ、
サニーが見たら絶対すぐ行く、っていうようなスタインウェイがあるのよ。」って言って。
えーっ、そうなんだって。
山崎
なるほど。
大口
行ってみなよって言われて、パンフレットをもらって突然行ったら、看板も無くて真っ暗で。
今、思うと、よくあの扉を開けたなって思うけど。
山崎
ほんと、よく勇気あったね。
あの日たまたまバーやってたのかな。
大口
たぶん、毎日、バーだったんじゃない?
山崎
あっそうだっけ。
大口
それで開けたら、怖い眼鏡の人がいて。
なんか、聞いてた話と違うって思って!
聞いてた話だとほわっとした人が出てくる予定だったのに!!って(笑)
それで、無表情で「店長、お客さんー」って怖い声で言われたの。
すっごい覚えてる。それが今をときめく佐々木さん(笑)
山崎
私もすっごい覚えてる。
大口
おみんさんの第一声より、佐々木さんのイメージ強すぎて。
山崎
佐々木さんとも、先日対談したんだけど、
本人も言ってたけど、人と接するのが苦手とわかりつつ、接客業をやってみたものの、やっぱりできなかったって。
そういうことでけっこう揉めてて、絶不調な時だったの、佐々木さんが。
大口
あはは。でも、店長と言われて出てきた人はイメージ通りだ、って思った気がする。
山崎
私もあんまり覚えてないけど、真面目そうな女の子がきたなぁって感じだったかも。
何してるのって聞いたら、美術館で働いてますって。
それで、コロッケあげた気がする。違った?
大口
そうそう、もらったもらった。フリーダムなバーだったよね。
コロッケ食べる?って聞かれて。
山崎
出会った直後だったけど、私、コロッケ食べてたところだったから、一緒に食べようって思ったのを覚えてる。
そのときに、ジンジャーエールを飲んだイメージが強くて。
大口
そう!なぜかっていうとビールが飲めなかったから!
信じられないよね。
山崎
そう、だから真面目な子なのかなってイメージだったの。
大口
いわゆる、居酒屋に行ったらジントニック頼んじゃう感じだったの。
今となっては、信じられない。
山崎
でも本当にまだ若かったよね。
大口
と言っても、24、5歳はいってたよ。
山崎
私が29歳なんだから、24か。
24歳のさよちゃん。
大口
想い出したくない・・・
山崎
真面目ないい子だったよ。
大口
悪い真面目だったよね。
山崎
ピュアで悪いことを知らない感じだったね。
大口
真面目なことがすべて、みたいな。凝り固まってた。
山崎
最初のお店の印象がそんなに怖かったのに、なぜか通ってくれるんだよね、その後。
ピアノもあったしね。
大口
そうそう、お勧めの本とか教えてくれて。
山崎
えっ、そうなの?何を勧めたか、気になる。
大口
えっ、覚えてないの?でも、言ったら、あぁってなるよ。
山崎
えー、なんだろう。岡崎京子?
大口
いやいや、それはもっと後。その間にワンステップあるの。
山崎
えー、グレープフルーツジュース?
大口
もっと初歩的な!
山崎
え、全然想い出せない。夏目漱石?
大口
もうー、正解を言うと、かもめのジョナサン。
山崎
えっ?
大口
言われても覚えてない?
山崎
うん、覚えてない。
大口
それですぐに、私、読んで、感想を伝えに行ったの。
山崎
あれ、やばい、全然想い出せない。
大口
そしたら、おみんさんが普通はお勧めしても、すぐに読んだりしないのに
ちゃんと読んでくれたんだなぁと思った、って言ったの。
山崎
へぇ、そんなこと言ったんだ。
じゃぁ、そういうところが気に入ったのかなぁ。
当時、最初のホールスタッフとそりが合わなくて、
次のバイトさんを探してたの。で、今度はバイト募集とかじゃなくて、
自分の目で選んでやるって意気込んでて。で、後にさよちゃんに声掛けるんだよね。
そういうところで、ぐっときてたんだなぁ。きっと。
私が覚えてるのは、これ色んな人に良く話すんだけど、まださよちゃんがお客さんだった時、さよちゃんの後にトイレに入ったら、トイレットペーパーが、元のセッティング通りに、三角にピッて折ってあって。いろいろ守ってきちっとやってくれそうな子だなって思ったの。
大口
場のルールに従ってね(笑)
山崎
それで声かけたんだよなぁ。
誰かの後にトイレに入って、便座とかおりてると、あら、きっちりしてる人なのかしらって思っちゃう。
大口
それは今でも人をみるときに使っちゃうよね。
山崎
そうよね。
大口
ネクストで学んだことその1みたいな。
山崎
いくつまで続くの?
大口
その86くらい(笑)
山崎
だから、出会って、ぽんぽんぽんってすぐにスタッフになってもらった印象。
前のスタッフが喧嘩別れみたいな感じだったから、おぉ、良い運がまわってきたって思ったな。
大口
これ、日本酒くるねぇ。
山崎
いいねぇ。
それでね、もうさよちゃんとの時代はね、すごいよね。私の中でも壮絶だったよ。
今とは比べられない。
大口
うん、すごかったね。 でもそういうもんかなって思ってた。働くとはこういうことかなって。
山崎
1年目ボロボロだったけど、ぴゅーんって波に乗って、2年目は週末は昼夜どんどん入るようになるんだけど。
私も知識が全然なくてわからないし、もちろん、さよちゃんもわからないから、
いっこいっこ、こういう時はどうする、みたないことを解決しながらやってて。ほんとにものすごい時間がかかって。
大口
ほんとにそうだったね。
山崎
だって、今って、昼の部ある時は、11時入りだけど、あの時は10時だったよね。
で、閉店もいまは23時だけど、当時は24時だったの。
大口
でも24時どころか、ほとんど夜中の2時、3時までやってたよね。
山崎
やってた、やってた。
大口
おそろしい。
山崎
10時から入って、夜中の1時とか2時までやるでしょ。
で、休憩とか行けないんだよね。
大口
行けなかったねぇ。
カウンターでしゃがんで、お弁当抱えて、交代でご飯食べてたよね。
山崎
すごかったよね、あれね。
今はね、ほんとに穏やかな感じ。
今のバイトさんは昼夜ある日は、休憩2時間あるんだよね。
そう思うと、さよちゃん0分でしょ。
大口
でもさ、ほんとにあの時はそういうもんだと思ったよ。
もう一度言いますが。
山崎
お互い100%でやりきる感じだったよね。
で、閉店間際はもう笑いが止まらなくて。
大口
もう疲れで気が狂ってるんだよね(笑)
山崎
あれ、今でも本当に想い出す。
ライブの本数もほんとに多かったし、二人しかいなかったしね。
大口
それが3年くらい続いたね。
山崎
私も30代前半までそれやってたからね。
すごいなぁ。
大口
節目節目でおみんさん、倒れたもんね。
年末のもうおしまいですっていう日とか。
山崎
そうそう、倒れたね。
あー終わるって時に大体倒れるんだよね。カウントダウンの時とかね。
大口
あれはよく覚えてる。必死でひとりで蕎麦茹でた。
みんなに怒られながら。
山崎
あーー(笑)
けっこうお客さんもさ、バーの時代が長かったから
距離が近すぎて、私がお姉ちゃんでさよちゃんが妹で
お客さん全員、お兄ちゃんみたいな感じでね。
早くやれよ、みたいな感じだったよね。
大口
蕎麦を茹でたことは、すごい覚えてる。
山崎
私はもう運ばれたんだよね、自宅に。
大口
トイレの前で横になりましたからね。
山崎
そうだそうだ、みんなが年末でわいわいしている時に
一人で床に転がってるっていう。
大口
「ごめんねーー。もう、ビール好きなだけ飲んでいいからね」って言って
帰って行った(笑)
山崎
懐かしいねぇ。
そうとう、無理してたからね、当時は。
気合だけでやってたもんね。
大口
すごい時代でしたね。
山崎
今やれって言われたら出来ない。
大口
できないよー。
山崎
当時はお互いに、がっつりしたシュークリームとか
よく食べてたよね。すぐ食べられて、すぐ効くやつ。
大口
高カロリーのね。
ジャンクなやつ、めちゃくちゃ食べたね。
よくなんだかんだで朝までいたよね、お店に。
山崎
ハードだったけど楽しかったしね。
定休日が月火曜日だったけど、休みの日も一緒に飲みに行ったりして。
家族並みに同じ時間を過ごしてたよね。
大口
いや、そうとう一緒にいましたね。
さらに旅まで行ったもんね、わざわざ。
だってさ、仕事が終わって寝ないで朝まで一緒に起きてて、
旅に行って、戻ってからそのまま働いたりしたよね。
山崎
そうそうそう。
ずっと一緒だったもんね、あれはすごいよね。
たぶん、笑いのツボが近いんだよね。
大口
それはあるよね。
山崎
ライヴとかでも、誰も笑ってないんだけど、
私とさよちゃんが笑いが堪えられなくて、
なんでみんな笑わないで観てられるんだろうって。
大口
あれなんかあるよね。無言の何かが。
山崎
で、一緒に働いているうちに、さよちゃんがどんどん悪の道にね。
大口
一人で飲みに行けって言う船長の教えもあったりね。
山崎
で、気付けばビール党でね。
大口
ビールの魅力をかなりの女子に伝えたよ。
山崎
あぁ、さよちゃんがね。
大口
いやいや、船長が。
山崎
あっ、わたし?そうだね、私はいまは日本酒もけっこう飲むけど
当時はビールしか飲まないビール狂でビール愛がすごかったから。
大口
船長の大事なことは伝えなければ、という使命があったらか、
わたしもがんばりました。
山崎
結局、何年いたんだっけ。
大口
3年は絶対いたと思う。
3年位はハードな暮らしを続けたからすごいよね。
お互い、結婚式とか行けなかったよね。
何に誘われても行けないし。
山崎
当時、私は29歳だったから、結婚式のお誘いがすごいきたの。
大口
でしょ?第二期でしょ。
私は第一期だったから。
山崎
だよね。
お互い、かなり断ってたよね。
でも、さよちゃんはすごいよね。
私は自分の店だからさ。
本当に副店長というくらい、ハードに働いてたよね。
大口
でも、役に立ってなかったからなぁ。
山崎
いや、なんせ面白かったよ。
最初はまじめな印象だったけど、
奥の方に変人が潜んでんだろうね。
大口
それが花開いたんです。
山崎
そうそう、だいぶ開花して、面白い人だなーって。
大口
変人の扉を開けていいんだよって教えてくれたことに感謝してる。
山崎
さよちゃんはかなり面白いよね。ジェスチャーとか。
みんなに言われるでしょ。
大口
うん、やっと自覚してきた。
山崎
ライヴもすっごい変わったよね。
大口
ありがとうございます。
あれは修行だよね。
あそこにいて、かなりの数を観れるから、すごくいい勉強だったなぁ。
1 2 3

10周年トップへ

ページのトップへ


cl