cl

Next Sundayのピアノ Steinway & Sons

Next Sundayのこだわりのひとつが、グランドピアノです!
大きなホールや専門のピアノスタジオ等でなければなかなか弾く機会の無い、
スタインウェイ&サンズ社のグランドピアノを常時セッティングしています。

ピアノ弾き語りから、ジャズのセッション、また教室の発表会まで、
当店の茶色でかわいらしいピアノをかわいがって下さいね。

※ブッキングライヴの場合、ピアノをご使用される際は、
ピアノ使用費として1回のライヴにつき、500円を頂戴致します。

音質は勿論のこと、ルックスにもこだわって選んだスタインウェイです。
ふつうピアノと言えば艶つやと光る「黒」を想像しますが、当店のスタインウェイは、
木の温かさを基調とした店内装飾に自然となじむ、マホガニー仕上げのちょっと珍しいベビーグランドです。

ぜひ、ご覧下さい。

steinway & sons S type
ペダル:3
長さ:約155cm
幅:約146.5cm
重量:約252kg
仕上:マホガニー艶消塗装仕上
チューニング:A=442
※専門の調律師さんの手で
定期的に調律しています。
cl

ピアノ御使用料につきまして

いつもネクストサンデーのピアノを大切にして下さり、ありがとうございます。

ネクストサンデーのピアノは、1980年代にニューヨークのSteinway & Sonsでうまれたグランドピアノです。
工業製品としてでなく、職人の手により、一台一台ていねいに手作りされたもののうちのひとつであり、大変貴重な楽器です。

しかしながら、製造から既に30年近くが経過し、“セミヴィンテージ”といっていい状態に近づいてまいりました。
演奏者の方々の中からも鍵盤タッチや響きの均一化などを求める声が多く聞かれるようになっており、安定したコンディションの維持の為、メンテナンスに多額の費用を要しているのが実状です。

また、ピアノの弦(約230本!)も、長い時を経て、いつ切れてもおかしくない状態にさしかかっています。
一本でも弦が切れた場合は、全体の音色を統一させるために、すべての弦を張り替えなければならない場合もあります。
日々、ライヴでご使用いただいていることを考えますと、これはいつ起きてもおかしくないことだとも言えます。

ネクストサンデーでは、オープンから5年間、ピアノも含め一貫して楽器・機材使用料をいただかない形で営業を続けてきましたが、このような状況を念頭に検討を重ねました結果、やむなく、ピアノのご使用料を頂くこととなりました。
お客様に末永く安定したコンディションでピアノを演奏して頂くため、何卒ご理解ご了承頂きたく、お願い申し上げます。

2011年1月より、ブッキングライヴにて、当店ピアノをご利用のお客さま、演奏者一組につき、1回500円を申し受けます。
(持ち込み企画イベントの場合は、機材使用料2,000円に含まれています)

2010年中は、これまで通り無料にてご利用頂けます。

今後もSteinway & Sonsのピアノを出来るだけ良い状態で維持し、多くの方に愛用していただきたいと考えております。
何卒、御理解と御協力をお願いいたします。

ライヴ小屋Next Sunday スタッフ一同

ページのトップへ

Next Sundayのピアノ

→Next Sunday Steinway & Sons

→小屋Steinway ギャラリー

→ピアノ御使用料につきまして

cl